一般財団法人 関西書芸院

本院は書道教室の普及とその指導者の育成につとめ、書道を振興するとともに書道を中心とした一般教養文化の向上に寄与することを目的としています。

本院は前条の
目的を達成するため次の事業を行います。

(1)古名蹟の研究
(2)地方に残存する碑文ならびに筆蹟の研究
(3)現代著名作家の作品の蒐集
(4)漢詩、短歌、俳句等の文学講座の開催
(5)絵画、音楽、茶道、華道、舞踏、詩吟、謡曲等の一般教養 講座の開催
(6)書道教育の指導者の育成
(7)書作家の育成
(8)公募展、講習会、研究会、講演会の開催
(9)実技検定試験を実施
(10)機関誌「関西書芸」の発行
(11)山陽文化会館の管理、運営
(12)その他この法人の目的達成のための必要な業
(13)関西書道専門学校の運営
【沿革】

昭和41年/機関誌「関西書芸」発刊
昭和49年/財団法人関西書芸院設立認可
昭和51年/書道会館(山陽文化会館)竣工
昭和52年/関西書道専門学校県認可開校
昭和57年/書道専門学校校舎竣工

関西書芸院 山陽文化会館 関西書道専門学校
本文へジャンプ