お習字体験教室



正しい持ち方、正しい姿勢で良い字を書こう! 
  2016.12月


未就学児への鉛筆の持ち方、使い方の練習を通して手書き文字の良さを伝えることを目的とした活動をしております


硬筆教室では基本の持ち方、挨拶から始まり、カタチや文字の練習をしています


先日は初めてのお習字体験を一緒に行いました

筆の感触、墨の香り、墨を含んだ筆の扱い方などの説明を真剣に聞く子どもたち


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人一文字のひらがなを担当してもらい

各自の手形をとった半紙3枚に順番に書いていきました

それぞれ自分の作品の中から1枚選んで、組み合わせると・・・一つの作品になります

それぞれの個性が出た作品が仕上がりました。


 
   
   
 

金子みすゞ 「わたしと小鳥と鈴と」より

わたしが両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからただをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴はわたしのように、
たくさんなうたはしらないよ。

鈴と、小鳥とそれからわたし、
みんなちがってみんないい。